大家さんの悩みを管理会社に相談しても解決しない理由とは?

 大家さんのお悩みやこうしたいという想いには、さまざまなものがあります。

 

・空室が増えてきた
・今まで簡単に決まっていた空室がなかなか埋まらなくなった

・運営費が年々増えてきた
・賃貸トラブルに対しての管理会社の対応が雑だ
・家賃滞納者がいて困っている
・管理会社からの連絡・報告・相談がない
・管理会社を変更しようかどうしようか迷っている
・マンション・アパート経営での収益が出ない
・資金繰りが悪化している
・次の世代への引継ぎが心配だ

 

 

 

・大家さん専業になりたい
・海外旅行にマンションのことを気にせず行ってみたい

・できれば親から引き継いだ土地を売りたくない
・大家の会で堂々と胸を張って話がしたい
・もっと豊かになりたい
・子供の教育費をしっかり掛けてあげたい
・もっと物件を購入したい
・楽に銀行から融資をしてもらえるようになりたい
・大家として必要な知識を身につけたい
・不動産で悩まずに即断即決したい

 

 

地主系の大家さん、サラリーマン系の大家さんに限らず、
悩みと欲は尽きません。

 

 

それは、一部で解決されますが、全体のほんの一握りでしかなく、
ほとんどの大家さんが次から次へと発生する難題に取り組んでいる
のです。

 

 

人口は減少傾向になり、いよいよ世帯数も同様に減少しています。
それで空室は多くなるのに、いまだに新築の建築は制限されず、
大家さんの環境は苦しくなる一方です。

 

 

『こんなはずじゃなかったのに。』

『もう、誰を信用したら良いのかわからない。』

 

 

 

そうなるのも無理もありません。

 

なぜなら、

・部屋を客付けして広告料(AD)をたくさんもらいさえすればよい仲介業者
・うわべだけ大家さんの代理と言っておきながら業務効率だけを追いもとめる管理会社
・いくら家賃が取れるかなんか関係なしで目いっぱいリフォームしてがっちり儲けるリノベ会社
・自分の趣味にこだわり、大家さんに趣味を押し付けて自分の世界に入ろうとする建築屋
・売り物件が欲しい、あるいは買ってくれることだけが目的の売買業者
・大家さんの味方と言っておきながら、実は裏で不動産屋からキックバックをもらって物件をあっせんしているカリスマ大家
・お金のことはなんでも知っていると見せかけて、資産税のことは全く無知の税理士

 

 

こんな残念な方々が世の中には沢山いらっしゃるからです。
そして、一般の大家さんは見分けるのが大変難しいのが現状です。

 

賃貸経営は色々な信頼できる業種の皆さんと協力しながら、
チームを創って経営をしていく必要のあるビジネスです。

 

 

部屋付けを賃貸業者さんに協力してもらってする
大家さんのできないところのリスクを予知して回避してもらう
費用対効果の良いリノベーション工事をしてもらう
親身になって相談に乗り、宅建業務を行ってもらう

 

 

大家さんになると、ホントに様々なことを順番を立てて
都度プロジェクトを創り、チームとして活動する必要が
出てきます。

 

そこには、法務・税務・経済・金融・建築など
あらゆる知識・ノウハウが必要になります。

 

 

 

そこで、私達は提案します。

 

今の協力体制で良いのか?良くないのか?

お医者さんにセカンドオピニオンがあるように

不動産経営にもセカンドオピニオンを活用しましょう。

 

そうすれば、

『何でもっと早く言ってくれれば何とかなったかもしれないのに』

という事態は避けられるかもしれません。

 

 

インターネットに情報が溢れかえり、その情報からおいしいところだけつまみ食い

断片的な相談をして、部分最適にはなるけど全体最適にはならない

気が付いたら建築屋は倒産して手付金だけ払い損

ホントはたくさんかかる修繕費、プロが見たら一目でわかるのに誰も言ってくれない

 

 

こうならないために、まずは相談してください。

手遅れになる前に。

ご連絡、お待ちしています。

 

 


株式会社 ミライアンス
代表取締役  小埜 正敏

代表取締役  小埜(おの)正敏  プロフィール


『大家さんの右腕』
賃貸経営コンサルタント

株式会社ミライアンス 代表取締役
小埜 正敏(おの まさとし)

1973年千葉市中央区生まれ。
京都市伏見区在住。

大学に8年間も通って、中退寸前でかろうじて卒業し、京都の学生賃貸中心の中堅不動産会社に就職。
主に賃貸管理業務に従事。
毎年4月には150室を超える空室が発生し、空室対策に明け暮れる日々を過ごす。
なかなか部屋が埋まらず家主さんからの期待にこたえられない日々を過ごす。

そこで、入居率の高い物件を1,350室を研究、成功法則を発見する。
その法則に基づき、提案することで入居率を常時95%以上に保つことに成功。

築年数が悔過したアパートは、最終的に家賃を下げて成約するケースが多い。
全室満室になったものの賃料が16%ダウンするなど資金繰りの悪化により、せっかく建築した物件を売却する家主さんが出始める。

そこで、家主さんの資金繰りに合わせて、提案するスタイルに変更。
『家賃収入を最大化できる賃料はいくらか?』『運営費にムダがないか?』などの検証をしながら資産に対して診断を行い、家賃収入150%アップを達成するなどの効果をあげる。

大阪の不動産会社2社を経て、2018年8月に株式会社ミライアンスを創業。
家主さんから『腹の底から信頼されるパートナー』を目指し、日々奔走中。

保有ライセンス

  • 宅地建物取引士
  • 公認不動産コンサルティングマスター
  • 公認不動産コンサルティングマスター相続対策専門士
  • CPM®(公認不動産経営管理士)
  • CCIM(公認不動産投資顧問資格)
  • 賃貸不動産経営管理士
  • 相続支援コンサルタント
  • 競売不動産取扱主任者
  • ホームステージャー2級
  • 甲種防火管理者
  • 少額短期保険募集人資格
  • NPO法人 相続アドバイザー協議会 認定会員

 

お気軽にお問い合わせください。075-555-3555受付時間 10:00-18:00 休日:水曜日(連絡はつながります)

お問い合わせはこちら